海外FXの出入金方法を教えます!出金拒否があるって本当?

海外FXをするときにはどのような出入金方法があるのでしょうか。日本のFXの場合、原則クイック入金などの銀行振込による入金と、銀行振込での出金です。

それでは、海外FXも同じなのでしょうか。ここでは、海外FXの出入金方法についてみていきましょう。

1.海外FXの入金方法

海外FX口座への入金方法は主に以下のものがあります。

①クレジットカード・デビットカード

多くの人が利用している入金方法です。基本的に、入金できるのは限度額まで。クレジットカードの場合はショッピングの利用限度額、デビットカードの場合はご利用限度額まで、トレード口座に資金を入金することができます。

業者によって使えるカードが限られている場合があるので注意しましょう。また、口座の保有者とカードの名義人は同じでなければいけません。

②銀行送金

海外FX業者が指定する日本の銀行の口座に振込をする方法です。手数料が振込手数料のみで安いこと、クレジットカードと違って上限がないことから、人気があります。ただし、トレード口座に入金が反映するまで時間がかかることがあるので、注意しましょう。

これとは別に、海外FX業者の海外口座に国内銀行の窓口から送金する方法もあります。しかし、トレード口座への反映が数日かかることや手数料が高いことなどから、利用者は多くありません。

③電子マネー

電子マネーを使ってトレード口座に入金する方法です。PayPalやNETELLERが有名で、各電子マネーアカウントの残高を上限に入金ができます。

電子マネーの場合はタイムリーに入金が反映される業者が多です。

④海外FX業者のプリペイドカード

海外FX業者の中には、独自のプリペイドカードを発行しているところがあります。

プリペイドカードは通常VISAかMasterと連携しており、タイムリーにトレード口座に入金が反映されるのが便利ですね。

2.海外FXの出金方法

4962357c617b1fb4077f9ed68dfe5db7_s

ここでは、海外FXの出金方法を見ていきましょう。

①入金方法と出金方法は同じ

海外FX口座からの出金方法は、入金方法と同じく「クレジットカード・デビットカード」「銀行送金」「電子マネー」などです。しかし、そこには一定のルールがあります。

それは、入金方法と出金方法が同一の方法でなければならないということ。銀行送金で、入金したら出金も銀行振込です。クレジットカードの入金で銀行振込の出金は認められません。

「クレジットカードの出金って何?」と思われる人もいるかもしれませんが、これは返金処理のことです。FX業者がクレジットカードの返金処理を行います。

②利益については入金と違う方法でもよい

入金方法と出金方法が同一の方法でなければならないということを述べましたが、これはあくまで最初に入金した金額までの話。

FXで得た利益については、出金方法を自由に選ぶことができます

3.出金拒否って本当にあるの?

「海外FX業者には出金拒否がある」と聞いたことがありませんか? 実際は、金融ライセンスをきちんと保有している業者が出金を拒否することは、ほとんどありません。世界的に有名なFX業者の多くは金融ライセンスを保持しているため、問題ないと言ってよいでしょう。

では、なぜ「海外FXには出金拒否がある」とよく言われるのでしょうか。金融ライセンスを保持していないFX業者を利用していたという人も中にはいますが、出金拒否されたと言っている人の多くは、ボーナスの出金をしようとしている場合です。

海外FX業者の中は入金金額などによりボーナスを付けているところも多くあります。しかし、これはあくまでFX取引に使うものであって、出金できるものではありませ。ここを勘違いしている人が多いのが実情です。

4.まとめ

ここでは海外FXの出入金方法について説明しましたが、上記の方法はあくまで一般的な例です。

海外FXをする際にはFX業者に問い合わせし、しっかりと出入金方法を確認してから取引を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です