海外FXをしようと思ったら英語が話せないとダメ? 日本語だけで取引可能?

海外の業者を使って海外FXをしようと考えるときに、「英語が話せないと取引できないのではないか」と不安に思う人も多いのではないでしょうか?

実際はどうなのでしょう?

ここでは、海外FXが日本語だけで取引可能かどうかを見ていきましょう。

1.海外のFX業者は日本語に対応している?

答えは「ほとんどの業者が日本語に対応しています」。各業者のホームページを見るとわかりますが、日本語ページがあるところがほとんど。

今、多くの日本の投資家はレバレッジの高い海外のFXに注目しています。

海外のFX業者としても、「顧客を増やす大きなチャンスがある。日本の顧客を獲得するために、日本の投資家の使いやすい状況を作ろう!」となり、日本語に対応している海外業者が多いのです。

ほとんどの海外FX業者に以下のようなサポートがあります。

  1. 日本語のホームページ
  2. 日本語でのメールサポート
  3. 日本語での電話対応
  4. 日本語でのチャットサービス

ヨーロッパやアメリカなど、日本と時差があるFX業者では、日本時間の深夜に取引が行われるため、その時間帯の日本語サポート対応をしていることも多いです。

2.海外FXをするときのさまざまなシーンとその日本語対応

38c0afad70cb4c440e797c26771a3ed5_s

一概に日本語対応といっても、海外FXをする場合には口座の開設をしたり、実際に取引したりといろいろなシーンがあります。

それぞれでどのような日本語対応をしているか見ていきましょう。

①口座開設

まずは、FX口座を作る必要があります。口座開設は通常、各業者のホームページに口座開設フォームへの入り口が設置されていますが、ほとんどの業者のホームページが日本語対応しているため、問題ありません。

※通常、日本から海外FX業者のホームページにアクセスすると、そのドメインなどの情報から自動で日本語のページに移りますが、ごく稀に誤って外国語のページに移ることもあります。その場合は右上や右下などに国旗マークなどで国を選択する箇所があるので、日本を選んでください。

ホームページから入った口座開設フォームも日本語に対応しています。これなら安心して口座開設できますね。口座開設が終わると、口座開設が完了した旨のメールが届きますが、こちらも基本日本語のメールが届くため、口座が無事開設できたことが確認可能です。

日本のFX業者と同じように海外のFX業者も、すべての顧客に一斉のメルマガを送ることが多くあります。残念ながらこのメルマガは日本語に対応していませんが、特別重要なものではないので無視しても大丈夫。日本語のものだけ読むようにしましょう。

②FX口座への入金

入金のリクエスト画面も基本、日本語に対応しています。しかし、クレジットカードの登録などで英語が混じっていることもあります。ただ、登録画面の構成自体は、日本のショッピングサイトなど他のクレジットカード情報の登録と差異は少ないため、分かりやすいです。

どうしてもわからない場合は、その単語をネットで検索すれば意味が出てくるため、まったくわからないということはないでしょう。

③トレード画面

実際にFX取引をするトレード画面も日本語なので、問題なく取引できます。

④困ったときは?

困ったときは日本語のサポートがあるので、問題なく対応できます。電話サポートについては、業者によって外国の人が出ることもありますが、日本の担当者の名前を伝えると代わってくれます

また、チャットやメールの日本語サポートに切り替えて質問するのも手ですね。

4. まとめ

ほとんどの海外FX業者が日本の顧客獲得に力を入れていて、サポートやFX取引のさまざまなシーンで日本語に対応しています。

英語が話せなくてもまったく問題ありません。不安な場合は、一度ホームページなどを確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です