スマホで簡単取引!海外FXでも携帯1つで取引できる?

インターネットを通じてパソコンで行うFX。実はスマホでも取引が可能です。日本のFX業者も、ここ数年スマホアプリの開発など、スマホで行うFXに力を入れてきました。

では、海外FXはスマホでできるのでしょうか。

ここでは、海外FXをスマホでできるかどうかを紹介します。

1.海外FXをスマホで取引するための2つの方法

海外FXをスマホでできるかどうか。答えは「できます」。次の2つの方法を見てみましょう。

(1)MT4のアプリをスマホにインストールし海外FXを行う

MT4とは、海外のFX業者のほとんどが採用しているFXトレードのプラットホームです。MT4はiPhoneとAndroidに対応しているため、ほとんどのスマホで利用可能です。

<MT4を使ってスマホでFXをする手順>

①口座を開設する

まずは、海外FX業者で口座を開設します。

口座を開設すると、MT4のサーバーと、ID/PASSを取得できます。パスワードは自分で設定してください。

②スマホにアプリをインストールする

App storeやGoogle playでMT4のアプリをインストールします。

③アプリを立ち上げログインする

MT4のアプリを立ち上げ、「新規口座」の画面に行き、既存のアカウントにログイン」を選びます。

FX業者やサーバーを選択し、ID/PASSを入力するとログインが完了です。

(2)ソーシャルトレードを利用し海外FXを行う

ソーシャルトレードとは、海外FXの業者が自分たちで運営しているインターネット上のプラットフォーム。ほとんどのソーシャルトレードはスマホに対応しているので安心です。

インターネット上のプラットフォームのため、スマホにアプリをインストールしなくてもトレードができてしまいます

サイトにアクセスし、ID/PASSでログインするだけでトレードを始めることが可能です。

パソコンの画面に慣れている人はアプリより、ソーシャルトレードのほうが良いかも知れませんね。

2.スマホで海外FXをするときのメリット・デメリット

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

スマホで海外FXをする場合、当然メリットやデメリットがあります。メリットとデメリットを見ていきましょう。

(1)メリット

いつでもどこでもトレード可能

スマホで海外FXをする最大のメリットは、仕事の休憩時間や通勤の合間など、スキマ時間に場所を選ばずトレードできることです

すぐにトレード可能

パソコンで海外FXをする場合、まずパソコンの電源を入れ起動させる必要があります。これが結構、時間がかかることもありますよね。

レートの動きが激しくなったときなど、スマホであればいつも電源が入っているので、すぐにトレードできる利点があります。

画面がシンプルでわかりやすい

スマホの性質上、込み入った画面では見にくいので、表示がシンプルです。海外FXの場合は特に顕著で、パソコンよりも直観で操作できます。

(2)デメリット

通信が遅いときがある

Wi-Fiが進んだとはいえ、有線のパソコンよりも通信速度が遅ことが多くあります。

通信制限に注意

海外FXをスマホでする場合、データ量は多くなります。スマホの契約プランが少ないデータ量で設定されている場合、契約しているデータ量の上限を超えると通信制限がかかるので注意しましょう。

極端に通信が遅くなったり、トレードできなくなったりします。

チャートが見づらい

どうしてもパソコンに比べてスマホは画面が小さいため、チャートも小さく表示されます。

スキマ時間でトレードする場合は、多少チャートが小さくても、後でパソコン等で確認できるので良いですが、長期で旅行に行く場合はタブレットにした方がいいかもしれません。

まとめ

海外FXはスマホで簡単に取引できます。確かにデメリットもありますがFX業者もスマホアプリの開発に力をいれており、今後もっと使いやすくなるでしょう。

海外FXをスマホでするメリット・デメリットを把握し、賢く海外FXを行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です