海外FXのハイレバ取引って怖くない?何倍までかけれるの?

海外のFX業者では、日本のFX業者より高いレバレッジで取引することができます。「高いレバレッジってなんか怖いよね」と思うこともあるのではないでしょうか。

でも、海外FXをしている人はたくさんいます。

ここでは、本当に海外FXのハイレバレッジ取引が危険かどうか見ていきましょう。

レバレッジの仕組み

ハイレバレッジの取引が危険かどうかを見るために、まずはレバレッジの仕組みを確認しておきましょう。

「レバレッジ」とは倍率のこと。FX口座に預け入れた証拠金の何倍まで取引ができるかを示したものです。レバレッジが25倍なら証拠金の25倍、レバレッジ100倍だと証拠金の100倍の取引ができます。

では、10,000円の証拠金で25倍と100倍のレバレッジの取引をすると、それぞれどうなるでしょうか。

  • 25倍の場合

10,000円×25倍=250,000円 1ドル=100円だと2,500ドルの取引

1ドル=101円になれば、2,500ドル×101円=252,500円になるので2,500円の利益

  • 100倍の場合

10,000円×100倍=1,000,000円 1ドル=100円だと10,000ドルの取引

1ドル=101円になれば、10,000ドル×101円=1,010,000円になるので10,000円の利益

このように同じ証拠金の金額でも、高いレバレッジの方が利益は大きくなります。また、例えば100万円の取引がしたいと思った場合、レバレッジが25倍なら4万円の証拠金が必要ですが、100倍なら1万円の証拠金で済んでしまうのです。

同じ金額の取引をするときに、小さな元手で取引できるのがハイレバレッジの利点といえますね。

2.ハイレバレッジって危険?

先ほど、レバレッジの仕組みを確認しました。その中で利益が出たときの話をしましたが、気になるのは赤字が出たときではないでしょうか? 赤字が出たときのことも確認しましょう。

レバレッジ25倍と100倍のときでそれぞれ、100万円の取引をします。1ドル=100円だと100万円は10,000ドル。レバレッジ25倍の場合は4万円の証拠金を預け、100倍では1万円の証拠金を預けることになりますね。

1ドル=100円だったのが1ドル=80円になったとすると、10,000ドル×20円=20万円の赤字になります。

レバレッジ25倍だと証拠金4万円なので、20万円-4万円=16万円の赤字

100倍だと証拠金1万円なので、20万円-1万円=19万円の赤字です。

レバレッジが高ければ高いほど、赤字が出たときのマイナスも大きくなることがわかりますね。国内のFX業者ではレバレッジは25倍までですが、海外では3,000倍という業者もあります。しかし、それだけで単純にハイレバレッジが危険というわけではありません。

FX取引にはロスカットがあります。「ロスカット」とは、預け入れた証拠金以上に損失が出ると強制的に取引が終了すること。つまりマイナスになることはありません。預けた証拠金が0円になるだけです。

証拠金として預ける金額を節度ある金額にしておけば、ハイレバレッジの取引でたとえマイナスが出たとしても、証拠金が0円になるところで止まるため、危険ということはありません。

3.海外FXには追証がないので安心

uni16040516img_0017_tp_v

上述したとおり、通常はロスカットがあるので証拠金以上のマイナスが出ることはないのですが、ロスカットが間に合わないくらいの急激な為替の変動があった場合はマイナスが出ます。

では、「レバレッジが低い国内の方が安全だよね」と思うかもしれません。しかし実は、海外FXの方が安全なのです。

これには、「追証」が関係します。追証とは、FX口座に預け入れた証拠金以上のマイナスが出たときに、追加で証拠金を入金する、つまりマイナス分を支払う制度のこと。国内のFX業者は追証があるのです。そのため、マイナス分の支払いが必要となります。

一方、ほとんどの海外FX業者には追証がありません。そのためマイナス分の支払いはしなくてよいのです。

まとめ

見てきた通り、海外FXでは数百倍~数千倍というハイレバレッジの取引が可能です。大きい利益を得ることもできますが、その分マイナスも大きくなり、証拠金が0円になる危険性もあります。

しかし節度ある金額を証拠金にしておけば、追証もないため、逆に国内FXよりも安全ともいえるでしょう。海外FXのレバレッジをよく理解し、自分合った取引を行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です